12月28日(火)
「議会改革度」

もうすぐ2010年も終わりますが早稲田大学マニュフェスト研究会で議会改革度ランキング100の発表がありました。

取手市議会は全国で22番目に入っていて茨城県ではトップになりますが、ランキング調査は10月までだったので12月議会で議会報告開会を中止した事が反映されていません。
議会基本条例策定の委員会設立も否決だし来年は何らかの方法を考えたいと思います。

これからの地方分権は市民の皆さんと一緒に歩む議会をつくることが求められています。

12月15日(水)
「12月議会終了」

昨日、12月議会が終了しました。

市長提出議案は補正を含め全て可決されましたが、私が提出した議会改革のための「議会基本条例策定調査特別委員会」設置は否決され、一度は市長自身が認めていながら後で検討委員会審査決定を覆した特老の業者選定に関わる調査の委員会設置も可否同数だったにもかかわらず、岡部議長が否決しました。

議会は議決権と調査権が大きな権能となるのだが取手市議会は自らそれを放棄する方向に行っています。

これを否決した議員は市民に大いなる説明責任が生じたと思っています。

12月6日(月)
「議会改革の後退」

12月議会も中盤になりました。明日から委員会が始まります。

今日は、はずかしい話があります。取手市議会は茨城県でもトップクラスの議会改革を進めてきましたが、その理由の一つは議会報告会開催でした。
しかし一年間で4回試行してきた議会報告会を中止するとの話が全員協議会で決まってしまいました。

日本中で地方議会改革が進む中、率先して取り組んだこの試みは熟成しなければいけないものが中止とは短絡的です。しかもこの改革を進めてきた赤羽元議長も倉持委員長も中止に賛成とは・・・
近隣議会に与える影響も大きいと思います。

11月29日(月)
「議会開会」

昨日は16年目の西口イルミネーションの点灯式を行いました。
駅前の大型スーパー撤退後の駅前はホントに真っ暗ですが少しでも明るくしないといけませんね。

さて今日から12月定例議会が始まりました。
県議選挙に出るために同僚の細谷議員が辞表をだして受理されたという報告がありました。9月には高木議員が辞表をだしていて28人の定員ですが25人での議会運営になっています。

私の一般質問は1日の一番最後を予定しています。

11月23日(火)
「議会改革」

先日の日曜日、市民オンブズマンいばらきの学習会が土浦であり、取手市議会の改革の様子を話す機会を持たせてもらいました。
同日に今度は我孫子市での「がんばろう、日本」国民協議会我孫子同人会議主催の「タウンミーティング」でも議会改革についての報告をさせて頂きました。
皆さんと色々な意見交換が出来るのは非常に勉強になります。

私の二回目の選挙は議会改革を公約していましたが、議員各位の協力で、茨城県でもトップクラスの議会改革度になっています。
今まで密室であった議会を市民の皆様に開かれたものにしていくことが大事だと考えています。

議会改革を進めていくことで自分たちの街がより住みよくなる事を実現できる行政に したいと思っています。
主権者は市民なのですから。

11月12日(金)
「市長公約検証」

今日は「好きです取手塾」を開催し我孫子市で行われた「市長公約の検証の試み」についてを友人の我孫子市議に説明をしてもらいました。
検証には2つの大きな理由があって次の市長選挙への対応とマニュフェスト選挙の推進と言う事でした。

我孫子市では来年の1月が市長選挙ですが取手市では4月が予定されています。
藤井市長後援会からは藤井市長の3年半(マニュフェスト)と言うのが出されましたが 検証と言うよりは単なる政策の羅列になっています。

これから藤井市長のマニュフェストの検証を市民の皆さんとしていこうと思っています。

11月5日(金)
「議会報告会」

9月の決算議会の報告会を今週末の6日(土)、午前10時から行います。 全議員を4班に分けて4会場で同時開催です。

私は市役所脇の福祉交流センターでの報告となります。
今回で4回目、一回りした事になりますが是非ご参加の方をお願いします。
詳細は11月1日の「ひびき」に載っています。

10月25日(月)
「動き出した総務省」

総務省が地方議会の会期制撤廃に向けた検討に着手するとのこと。
具体的には地方議会の定例会について、会期規定を撤廃し、議員の選挙後に一度議会を招集すれば、任期中は常時開会出来る仕組みとするなど、地方議会の選択肢を広げ議会の自己改革につなげる方策を検討するとの事ですが、鹿児島県阿久根市議会での騒動を受けてようやく動き出したともいえますね。

地方議員年金廃止についても市議会議長会としても廃止案を受け入れる動きがでてきてもいます。

この動きが止まらないように見ていきたいと思っています。


10月14日(木)
「再度、議員年金廃止に向けて」

昨日は、総務大臣が変わったこともあり再度総務省に地方議員年金を廃止する市民と議員の会のメンバーと要望書を提出してきました。


片山大臣は鳥取県知事として先進的な地方自治を運営してきた方なのでこの特権的な制度廃止にむけて是非動いてもらいたいと思います。

詳細はこちらをご覧下さい。


10月2日(土)
「市政施行40周年」

先月29日に9月議会が終了しました。
私はこの決算には反対の立場で討論をしていますが議会として認定をしています。
将来への負担を増加させる決算内容に認定した議会の責任も考える必要があると思っています。

さて今日は市政40周年の記念式典が行われました。
式典での来賓挨拶でも出ていましたが、あの当時は小学校6年か中一だったので住所に北相馬郡と書かなくなってうれしかった思い出が残っています。

同時期に我孫子市も市政を施行して人口は14万人、取手市は合併して11万人です。
式典のスローガンは「みんなで創ろう ふるさと取手」と言う事ですが、これからリセットをかけて行くしかありません。

9月17日(金)
「フリーマーケット」

取手市議会も、昨日で9月定例議会の常任委員会審議がおわりました。これから後半議会へと移ります。
来週からは決算特別委員会ですが今回は私が委員長で審議をしていく事になりました。
21年度決算の審議をしっかりやって行きたいと思っています。

その前の19日には元東急駐車場の平面部分でフリーマーケットを予定しています。 東急撤退後の駅前の活性化につなげたいと思っています。

9月13日(月)
「取手蛍輪」

先週の土曜日に第6回取手蛍輪が取手競輪場で開催されました。

第一回目は取手アートプロジェクトで行われたのですが、その後市民有志によって復活して今日に至っています。
私は初回はスタッフとして、それ以降は選手として参加しています。

今回も風船を素材にして製作してみました。
参加する事に意義があると思っていますが、今回も賞はもらえませんでした。

優勝チームは市役所チームでこれからのリード役になって欲しいと思います。

取手蛍輪の説明はこちらから

9月10日(金)
「一般質問」

現在9月定例議会中ですが昨日は一般質問を行いました。

3月に市長が取り止め6月に請願が採択された橋上自由通路を中心に 「駅周辺」、「市長公用車」、「税収」、「市長のビジョン」の4項目をするつもりでしたが、時間配分を間違えたのもありますが答弁時間が長かった事もあり3項目で 時間切れとなってしまいました。

藤井市長になって3年半ですが市長の将来ビジョンが見えなくなっています。
一番聞きたかったのですが次の機会しかありません。

しかし3項目の質問の答弁でも市長は将来の市のあり方を考えていないのが垣間見えてきました。
現在、傍聴は出来ませんが昨日の様子はインターネットの録画で見ることが出来ますので、市のHPをご覧下さい。

9月3日(金)
「市民自治講座 in 松戸」

前我孫子市長の福嶋浩彦さんを講師に中央学院大学で市民自治講座を開催していますが、移動講座も行っております。6月は取手で行いましたが、次回は9月5日に松戸市で開催になります。

題目は「議会基本条例」で、場所は松戸勤労会館3階ホール、13時30分から17時までとなります。
資料代500円です。

福嶋さんも消費者庁長官となり多忙ななかでの講義ですので、是非とも皆様の参加をお待ちしています。


9月2日(木)
「議会運営委員会」

昨日は9月議会の日程などを審議するため議会運営委員会が開かれました。
来週の7日から29日までが会期となります。
21年度決算があるのと連休が入っていますので飛び飛びの審議日程ですが、しっかりと審議していこうと思います。

8月6日(金)
「臨時議会」

今日は臨時議会が開会されました。

大きな議案として永山小学校校舎改築工事の請負契約がありました。
予定価格が約10億円に対して落札価格が約6億4千万円と落札率が約67パーセント。
低入札価格調査委員会が行われた経緯がありました。

JV以外には下請け企業としても地元企業が入っていないのは気になりましたが、6月議会の同様な案件と違い今回は審査をしっかりとしていましたので25対1で可決でした。

また初めて可否電子表決システムが稼動しました。
これからは賛成、反対者の氏名が参考として全て明らかになります。

7月29日(木)
「議運」

昨日は議会運営委員会が開かれました。
8月6日臨時議会を予定しているためですが議題は個人情報保護と永山小学校工事入札の件となります。

本来なら委員会付託なしですが6月の学校工事入札でのいきさつがありますので総務、文教委員会に付託する事にしました。

それと議会改革も現状からさらに進むように提案しました。議会基本条例制定も考えていかねばならないと思っています。
さらに8月臨時議会から賛否電子表決システムが導入です。




7月16日(金)
「議会報告会」

明日17日の13時半から第三回目となる議会報告会を開催します。

詳細は15日に発行された議会たより「ひびき」を参照いただければと思いますが、議員全員が4地区に分かれて6月議会を報告します。

私は福祉会館2階会議室Dとなります。
取手の議会報告会は議会改革の一環ですが、我孫子と守谷の市議さんも視察に 来るということです。

市民の皆さんも時間があれば是非来ていただければと思います。

7月7日(水)
「期日前投票」

今朝のテレビで取手駅前の期日前投票所が放映されていました。
非常に綺麗に撮られていてインタビューされた方々の意見も便利でと好評でした。

茨城県での参議院の投票率向上の取り組みの一つなんですが、塚本前市長のときからの取り組みで県内でも先頭を切って取り組んでいました。
放映の影響なのか夕方は多くの方々が投票に来ていました。

ヘルメット議会を取り上げてもらうより取手市がずっと良いイメージになったと思います。

7月1日(木)
「地方議員年金廃止」

早いもので今日から7月です。
私は以前から地方議員年金廃止で活動をしていますが、 この異常ともいえる日本の地方議員年金について書かれた本が出版される事になり、記念して筆者の渡辺記安先生の講演会を以下のように開催します。

【日時】
2010年7月3日(土)
午後1:30〜4:30

★集会
(新宿区立若松地域センター)

【参加費】
・議員2,000円
 【政務調査費月額10万円以上】
・議員1,000円
 【政務調査費月額10万円未満】
・市民500円
 ※領収書あります。

 第1 部 出版記念講演
 『中央議会(国会)・地方議会議員年金制度 - 国際比較からの考察』(発行朝陽会、発売全官報)
渡部記安先生( 立正大学大学院 教授)

※本は、書店にてご注文(10日ほどかかります)下さい。
もしく主催まご連絡を。当日販売はありません。