12月15日(金)
「エコプロダクツ」

国際展示場で行われているエコプロダクツ2006に行って来ました。 大企業も数多く参加していますが色々なアイディアを持ったNPOも参加していて 勉強になります。 地球温暖化防止の運動は企業については、もちろんですが個人レベルでも 意識を持って行動する事が重要です。

行政は、そのリーダーとしての役割があると思っています。 コミバスの天然ガスだけでなく色々な分野で考えていきたいと思っています。

12月12日(火)
「キャンペーン」

今朝は駅前で議員提案で改正したポイ捨て、歩きタバコ禁止条例のキャンペーンを市の職員の皆さんとおこなってきました。
すでに二回目になり歩きタバコ禁止のステッカーも路上に貼られています。 この様なモラルに関する条例は、たえず働きかけをして行かねばならないと思っています。

私自身が提案、改正した条例ですし少しでも「きれいで健康的」な取手市にしたいと 思っていますのでドンドン推進していきたいと思っています。

12月7日(木)
「西口イルミネーション点灯」

6日は私が実行委員長を務めるイルミネーションの点灯式を行いました。
日没から終電が終わるまで取手に帰ってこられた市民の皆さんに明るく暖かく感じてもらえればと始めて11年目になりました。

今年は、「はなのき通り」の街路樹にも飾り付けをしましたが少しずつでも6号国道まで伸ばして行きたいと思っています。
東口でも動物の形をしたアート感覚のイルミネーションが点灯し、西口、東口が一体となって駅前を少しでも明るくしようとしています。

これからもがんばっていこうと思っています。

11月24日(金)
「ペガサス会派報告会」

明日25日、午後1時半より藤代スポーツセンター近くの県南防災センター会議室において会派報告会を開催します。旧藤代地区で初めての報告会になりますので時間のある方は是非お越しください。

また、12月定例議会で私の一般質問は12月4日の三番目になりました。ペガサスメンバー全員がこの日に質問となります。
こちらも時間が会えば傍聴にお越しください。

11月21日(火)
「そろそろ12月議会が始まります」

今月の28日から12月の定例議会が始まります。
今回は、第五次取手市総合計画が議案として出てきます。

重点テーマは、「取手アートタウンの実現と「将来の日本をリードする団塊ジュニア世代の定住化」の促進ということです。
今日は、議案書の配布と事前勉強会がありました。

これから10年後のあるべき市の姿の指針です。しっかりと審議しなければと思っています。一般質問は、今年一年間の質問事例の具体的な進捗状況を中心に聞いていきたいと思っています。
明日の議運で日時が確定しますので決まり次第、お知らせしたいと思っています。

11月11日(土)
「取手アートプロジェクト2006」

いよいよ今日11日から取手アートプロジェクト2006が始まりました。

市内のあちこちで行っていますがメインステージは、戸頭地区です。
特に旧戸頭終末処理場で行われている数々のパフォーマンスは ぜひみて頂きたいと思っています。 TAPは今月の1日には国土交通省の地域つくり全国交流会議地域つくり表彰で 芸大、行政、市民の三者協働が評価されて国土交通大臣賞を受賞しています。 私も最初から携わっていますが誇りに思っています。 今回のこの機会に皆さんも参加をしてみて下さい。

ホームページは、www.toride-ap.gr.jp です。

10月1日(日)
「秋の一日イベントラッシュ」

今日から10月に入りましたが色々なイベントがあった一日でした。
まず利根川の河川敷で恒例の河川祭りに水ウォークで約2千人の参加がありました。

それと旧藤代で行われていたスーパーカイト大会を今回、利根川の河川敷で開催し熱気球も 花を添え大いに盛り上がりました。私も初めて気球に乗る事が出来ましたが、なんとも不思議な 気持ち良さです。まじかに上から見て水と緑に囲まれたわが郷土を実感しました。 駅から近い広大な河川敷のメリットを生かしてこういうイベントを行って交流人口の拡大 を図って行くべきだと改めて思いました。

それと大師通りに新名所「アート屋えまる」がオープンしました。芸大生と市民の交流の場 つくりを目指しています。是非皆さんいらっしゃって下さい。

9月23日(土)
「コミュニティバス」

今日は10月1日から正式運行する取手市コミュニティバスの運行開始式典に出席しました。

取手市にある東京芸大先端芸術表現科助教授の日比野克彦さんデザインのアートなコミバス6台が市役所駐車場に集合しテープカットが行なわれました。 合併をして広くなった新取手市をアートバスが結んでいきます。 明日から試験運転で無料で乗れますので是非皆さん乗車してみてください。
コミュニティバスについてはこちら

バスのボディには日比野フォントという文字が書かれていますが内部には取手市の子供たちの文字が 書かれていく事になっています。 文字が走る取手市です。きれい言葉やうつくしい文字で埋め尽くし実践していく街つくりをして行きたいと思っています。

9月16日(土)
「小学校の運動会」

地元の母校でもある小学校の運動会に参加してきました。
天気が心配されていましたが青空が広がり風も心地よい運動会日和でいした。
この日に向かって練習をしてきた子供たちの成果を見せてもらいましたが赤組、白組の応援合戦!なかなかの物です。歓声のなかで運動会を楽しんできました。

19日からは決算特別委員会が始まります。傍聴もできますので時間のある方は、是非来てください。

9月6日(水)
「9月定例議会」

今日から26日までの会期で9月定例会が始まりました。

冒頭、教育長から昨日、旧藤代地区の小、中学校給食でカビの生えたパンを出してしまい回収したが何人かが食べてしまったという話がありました。 幸い体調不良を訴えている生徒はいないという事ですが、有ってはならない事。
学校給食についての一般質問を予定していますのでその場で追求していくつもりです。

8月15日(火)
「花火大会清掃作業」

今朝は5時に利根川グランドに集合してボランティア団体の皆さんと一緒に昨夜、開催された大花火大会の清掃作業を手伝ってきました。

毎回参加していますが、いつも物凄い量のゴミです。 しかし人海戦術の素晴らしさ!みるみる綺麗になっていきます。ホントにボランティアの方々に頭が下がります。

でも「ゴミと感動は持ち帰りましょう」という標語があるように皆で気をつければもっと良くなります。
来年は、ぜひ、人出は多くゴミは少なく、を目指したいですね。

8月13日(日)
「我孫子のタウンミーティング」

昨日は、我孫子市で行なわれていた自治基本条例二次案のタウンミーティングに参加してきました。 9月の定例議会に議案として出す前の重要な話し合いでしたが市民の皆さんからの活発な意見が飛び交っていました。 賛否両論ありましたが地方分権がより進んでいく中で自分の町を自分たちで真剣に考えている様子を感じました。

そして今日は、取手100人委員会の会議を傍聴しましたが取手の市民も負けていません。
我孫子市は市長が主導で自治基本条例作成に動きましたが取手では、市民自ら考え行動しています。 自治基本条例の理念は、まず市民ですから取手市のほうがより理想に近いと感じています。 ぜひ実現できるように私も行動して行きたいと思っています。

8月11日(金)
「会派の勉強会」

私たちの会派では、テーマを決めて月一回以上勉強会をしています。 今日のテーマは、税制改正についてでした。

今年度は市県民税、国民健康保険や介護保険料が税制改正を受けて大きく変わりました。 とくに住民税に関しては、国から地方への税源移譲ということで所得税を減らし 住民税を増やす方向です。トータルの負担は、変わらないという国からの説明がありますが 65才以上の方に関しては、控除額の変更があるため負担増になる方が増えました。 会派にも色々な相談や苦情が来ています。 我々に何が出来て何が出来ないのか色々と話していますが、まだ結論は出ていません。

来月早々に我々の議会報告会を予定していますが皆さんのご意見も伺えればと思っています。

8月4日(金)
「電子行政戦略会議」

先日、日経新聞主催で総務省等々が後援する電子社会、電子行政戦略会議に参加してきました。

毎年参加してますが、その方向性が定まってきたのか内容が 絞られてきたような感じを受けました。 事例の紹介も多くなり eJAPAN計画が着実に浸透しているのを感じます。

そんな中でも 豊かな公、小さな官という言葉が新鮮でした。 目指すべき一つの形だと思っています。

7月31日(月)
「市民と議員の条例づくり交流会議」

29、30日の両日、お台場で行なわれた、市民と議員の条例づくり交流会議2006「市民自治体への道−いま問われる分権時代の議会の役割」に参加してきました。
今年は、「市民の自治・分権の時代を担う、地域の課題を討議する合議制の代表機関として、議会はなにができるのか」というテーマです。本当の意味で 自治体の首長と議会の「二元代表制」になっているのか?
議員とは?議会とは?は、自分が議員になってもずっと考えている事です。

一つの、実践報告として北海道栗山町議会議長から、全国で初めて制定された「栗山町議会基本条例」(2006年5月18日)などについて説明がありました。 この「栗山町議会基本条例」は、議会主催の町民等との意見交換の場や議会報告会の開催を義務化して、政務調査費の透明性を確保することなどを定めた同議会の最高規範で4年に1度の見直しをすることになっている。執行部から議員に対しての質問も認めるという画期的な条例です。

市民と議会との距離をいかに縮めるかと言う事、議会内部での活性化を議員自らの自覚によって進める重要性をあらためて感じてきました。

7月21日(金)
「ソニックガーデン2006」

20日、21日と二日間にわたり取手駅東口広場の特設会場で 島歌ナイトと称して沖縄音楽やエイサーなどのイベントが商工会青年部主催で行なわれました。

1番心配されたのは、雨だったのですが青年部の取手を活性化したいと言う熱い思いが悪天候を吹き飛ばしてくれて沖縄の 音楽で盛り上がりました。

昨年は、ジャズとハワイアンがメインでした。 来年はロック音楽でやるということです。 この様に若い世代が継続してイベントを続けて行く事が必ず取手の活性化に 繋がって行くと思っていますので、もちろん応援して行きます。

7月4日(火)
「げんきサロン藤代開設」

7月3日に市内で4番目になるげんきサロンが旧藤代庁舎一階に 出来ることになり開設式に参加してきました。

旧藤代では初めての施設となりますが、すぐ隣に子育て支援センターがあり ドアを開ければ相互に行き来が出来るようになっています。 幅広い交流が期待出来そうです。 げんきサロンは、60歳以上の方が対象で週3日(月、水、金の午前9時半から) 利用できます。受益者負担として一日50円の協力をお願いしています。

詳しくは、直通電話0297−83−8921に問い合わせてください。 高齢者の健康増進や生きがいつくりにどんどん活用して欲しいと思っています。