12月17日(土)
「12月議会が終了」

昨日で12月議会が終了しました。私が議員提案した「まちをきれいにする条例」の改正案が賛成多数で可決しまた。
全員賛成でなかったのが残念ですが「歩きタバコの喫煙」やポイ捨ての規制を強化しました。これからは、この条例の効果が出るようにどんどん働きかけて行きます。

さて今月で、議員になって丸2年で折り返し地点に来ました。日々勉強ですが少しでも皆様のお役に立てる様に行動していきます。

12月3日(土)
「10年目の
西口イルミネーション」

12月1日に10回目の西口イルミネーションの点灯式を行ないました。
仕事を終えて取手の駅に戻ってきた時に皆さんが少しでも明るく暖かくなるようにと始めたのがキッカケです、これからも続けて行きたいと思っています。時間は、日没から夜中12時位まで西口を彩っています。

来週月曜日は、一般質問を予定しています。ペガサスとしては、朝比奈、結城、金子の順番です。
お時間があれば傍聴にいらしてください。。

11月29日(火)
「12月議会が開催されます。」

明日、30日から12月議会が開催されます。
今回は、歩きタバコを規制する条例の追加を議員提案で行います。一般質問も取手市の個性をどうやって作っていくのか等を質問提言していくつもりです。
お時間のある方は是非議会の傍聴においでください。

11月24日(木)
「アートプロジェクト開催中」

11月12日から始まったアートプロジェクトが中盤をすぎました。昨日、23日にコミュニティアート・ふなばしのボランティアの方とTAPのボランティアの方の円卓会議がありました。

その中で、取手市に住んでいる若いTAPインターン生から、取手は、両親と住んでいる家があるだけで愛着が持てなかったが「アートプロジェクトのインターンに参加することによって自分が市民になったと感じる」と言っていたのが印象的でした。

あと残すところ3日になった取手アートプロジェクトですが是非見に来て下さい。インフォメーションセンターは、取手駅西口の学生寮跡地です。
詳細は、www.toride-ap.gr.jp をご覧ください。

11月6日(月)
「新取手市とユーバ市の
姉妹都市宣言」

カルフォルニア州にあるユーバ市に19人の中学生の皆さんと行って来ました。
旧藤代町とユーバ市とは15年間も友好姉妹都市関係にあり、お互いの家庭で中学生の皆さんにホームスティ等をしてもらったり学校に行ったり異文化の交流をしてきたのです。

合併に伴い新取手市も友好姉妹都市を継続すべく市長はじめ議長が調印式と言う事で出席しました。私も友好都市となるユーバ市がどんな町なのか自分で感じてみたく自費参加で行って来ました。

ユーバ市は、人口5万人くらいで水と多くの緑に囲まれてサクラメント市の近郊都市ですが農業も盛んで取手市とよく似た感じの良い町です。
これからもお互いの町や市民が良い関係を築いていけるようにしていきたいと思っています。

10月18日(火)
「会派の増員」

私たちの会派「ペガサス」に新しい仲間が増えました。 旧藤代町から朝比奈議員を加え4名の新体制です。

なにしろフットワークの良い彼女です。藤代の情報も入れてもらいながら 紅一点の良さを生かした新しい会派の仕組みが出来るように していきたいと思っています。

10月10日(月)
「防災教育センター」

近所の方々と東京消防庁の防災館に行ってきました。
インストラクターの案内で模擬災害を体験しながら災害時の対処の仕方を学んできました。 特に地震の体験コーナーは、来ると分かっていてもあまりの振動の大きさに驚いて何も出来なくなる位、迫力があります。 しかし今回の体験学習で大切なのはこういう事を通して、いつ来るか分からない災害時のことを近所の方々と話が出来た事が 何よりの収穫です。 なんといっても災害時に大事なのは、近所との協力なのですからお互いの意識の向上に大変役に立ったと思います。 それと同時に災害に強い街作りを目指していきたいと思っています。

9月30日(金)
「決算特別委員会 パート2」

旧取手分決算特別委員会の2日目でした。今回は、委員ではないので質問が出来ないのですが他の委員質疑や答弁を聞いているだけでも自分自身では、気ずかなかった点もあり参考になります。特別委員メンバーでは無くとも慎重審議の為に色々な意見を聞く事が必要だと思っています。
一期生議員には、特に大事ですね。

さて明日10月1日は、取手市制35周年の式典があり出席する予定です。

9月28日(水)
「決算特別委員会」

いよいよ9月定例議会も終盤にさしかかり昨日で旧藤代町の決算特別委員会が終了しました。小林副市長を前にしての2日間の審議でしたが旧藤代の知らなかった部分が結構あります。

なかでも驚いたのは、旧藤代町会議員2名が政治倫理条例による書類を提出していなかった言う事です。現在は新取手市議になったその2名ですが、新取手市には、書類を提出しました。特別に罰則は無いので公表されるだけですが条例をつくったり審査する事も議員の仕事なのですからその条例を無視して平気でいた議員の常識を疑ってしまいます。旧藤代町議会での取り扱いを調査してみたいと思っています。

さて明日から旧取手市分の決算特別委員会が始まります。傍聴も出来ますので時間のある方は、お出かけ下さい。

9月19日(月)
「拉致問題早期解決を実現する市民の集い」

9月の定例議会中なのですが昨日は、取手市議会議員の有志による拉致問題解決を実現する市民の集いを催しました。取手市民会館に、800名以上の市民の皆さんに集まっていただき拉致被害者家族の思いを聞いていもらいました。実際に話を聞いていくとメディアでは伝わらない部分も伝わってきて何とか出来ないのものかと、もどかしさを感じました。

これを機会に地方議会でも国に何らかの働きかけをしていくべきだと思っています。

9月8日(木)
「9月の決算議会」

昨日より9月の定例議会が始まりました。今回は、藤代町の決算と取手市の決算と別々の審査です。約1ヵ月にわかる議会ですが藤代町最後の決算もしっかりと審査したいと思います。

また、私の一般質問は、明日の6番目になりました。是非傍聴に来てください。
100人委員会、アスベスト、雨水の利用の3つの質問をしていきます。

9月2日(金)
「道路開通」

今日は、都市計画道路3.5.20号取手東口、台宿線の開通式に出席しました。
この道路は、東口から取手第一高校や簡易裁判所を結ぶ道路です。今までは、細くて車も通れず暗い道でした。バリアフリー化も促進されていて取手駅西口と東口の回遊性を円滑にする目的もあります。あとは、四谷橋の架け替えが進めばかなり良くなってきます。

今回の工事の道路延長は150メートルで事業費が約9億3千万円です。地形的に起伏があって、どうしても時間とコストが掛かってしまうのが難点です。しかしそうは言っても市民の利便性や安全性に必要な事は進めて行かねばなりません。

8月24日(水)
「市政レポート」

明日の朝刊に市政レポートを折り込みます。
会派報を含めると4回目となりますが今回は、旧藤代地区にも初めて入ります。
もっと発信をしていかねばならないと思っています。

8月11日(木)
「応援」

8日、甲子園で行なわれた藤代高校の応援に行ってきました。 試合については、すでにご承知だと思いますが「アルプススタンドでの一体感」 を経験してきました。

合併をした初年度に甲子園出場が決まり、その応援を通じて市民の一体感が 促進されていると感じています。 この感覚を大事にしていきたいと思っています。

8月2日(火)
「壮行会」

夏の甲子園出場を決めた藤代高校の壮行会が取手駅西口のデッキで行われました。暑い中でしたが、かなりの人数が集まって真っ黒に日焼けした球児達を送り出しました。

合併をした年に新取手市の代表として甲子園でも頑張って欲しいですね。

7月18日(月)
「外国人による日本語スピーチコンテスト」

昨日は、取手市国際交流協会主催の外国人による日本語スピーチコンテストを聞いてきました。
今年で7回目ですが15名の発表者が登壇してのスピーチでした。一人一人のスピーチは、もちろん素晴らしいのですが皆さんの話の中に「感謝」「お陰様」「ありがとう」と言う言葉が良く出て来ていました。
今の私たちが忘れかけている物を思い出させてもらった様でスピーチをしてくれた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

議員活動をしていく上でも忘れてはいけない言葉ですね。

7月10日(日)
「常盤線ダイヤ改正」

45日後につくばエキスプレス開業がせまったきました。
その対応策として昨日常盤線のダイヤ改正が行われE531系と言う新型電車がデビューしました。またこの電車は、取手・上野間を特別快速として31分で結びます。ピカピカの新型車両に乗ってみましたが確かに加速が素晴らしく止まる駅も限られているので快適で早いです。

今まで競争相手の無かった常盤線ですが事故の無いように競争をして乗客のサービスアップをして欲しいものです。茨城の玄関口だ、とあぐらをかいてきた取手市も真剣に対処を考えていかねばならないと思っています。